化粧水は手でつける?それともコットン?混合肌の井村が辿り着いた答え!

f:id:tnktnopi:20161220200713p:plain

どうも井村(@tnktnopi)でちゅ!

今回は化粧水の付け方についてお話していくよ!

皆化粧水は「直接手でつける」?それとも「コットンを使う」?多分ね、直接手で付けるってこの方が多いと思うんだ!ちなみに、2013年に行われたアンケートでは76.3%手で付ける派だったらしいよ!コットン派は少数みたい。

そこで、混合肌の井村が1ヶ月かけてどっちのほうがいいのか検証してみたよ!

肌質にも合う合わないがあると思うから、自分のお肌をよく考えて化粧水を付けてね!

まずは自分の肌質を考えよう

化粧水を手で付けるのか、コットンを使うのか。の前に、自分の肌質を考えてみよう!

手かコットン...好みもあると思うけど、肌質によっては合う合わないがあります。

敏感肌の子や肌荒れをしている時は手で!

敏感肌の子、肌荒れを起こしている子はコットンの刺激摩擦を避けた方がいいので、手で化粧水をつけることをオススメするよ!

手で付ける時も、手をスライドさせるのは危険!なるべく刺激を与えないように手で優しく押さえながらつけるよいいよ!

ハンドプレスのやり方は下の方で紹介。

自分の肌質を考えたら次に、手とコットンのメリット・デメリットの紹介をしていくよ!

手で馴染ませるメリット

  • 手の温度で化粧水が温まるので、浸透力が高くなる
  • 低刺激
  • 肌の状態を直接確認できる

浸透力が高くなる

実は、浸透力は手を使うほうが高いと言われているよ!化粧水が手の温度で温まることで肌に馴染みやすくなるのだ!

「コットンでのパッティングは浸透力が高い」と言われていたけど、実は手の方が浸透力は上みたい。

低刺激

手は顔と同じ皮膚だから、お肌に優しく刺激が少ないのだ。

だから、敏感肌の子や肌荒れを起こしている子は手で化粧水をつけよう!

肌の状態を確認できる

手で化粧水を付けることで、「今日お肌荒れ気味だなあ」とか「今日のお肌ザラザラしてるかも」という風に、すぐにお肌の状態を確認できるよ!

だから、「今日は化粧水多めに付けよう!」と瞬時に行動に移すことができます。

手で馴染ませるデメリット

  • 手の凹凸でムラになる
  • 綺麗ではない手では肌トラブルの原因に

ムラになる

自分の手を見てみて!皆平らではないでしょう?

この凹凸で、化粧水が均一に付かないため、十分に化粧水が付けられない部分が出てきてしまうんだッ!乾燥の原因になってしまうよ!

肌トラブルの原因に

人の手は無意識に物を触ってしまうもの。その時に付いてしまった雑菌をそのままに、化粧水を付けると肌トラブルの原因になるよ!

化粧水を手に取る前に、手を洗っておくと安心

手で馴染ませる際のポイント

化粧水を片方の手に取って、もう片方の手を重ねてしばらく待とう!これで化粧水が温かくなってお肌に浸透しやすくなるよ!

その後は手に広げてお肌を抑えるように化粧水をつけよう!

スライドするのではなく優しく抑えるようにハンドプレス!

お肌を叩くようにパシパシなんてしちゃだめよ!

コットンのメリット

  • 衛生的
  • 化粧水を均一につけることができる

衛生的

手のように雑菌などが付くことがないため、手より衛生的よ!

均一につけることができる

手のように凹凸がないため、均一に綺麗に化粧水をつけることができるよ!

細かい部分まで付けることができるのもいいよね!

コットンのデメリット

  • 手と比べて刺激が強い
  • コットンに乾いた部分ができる

刺激が強い

コットンの摩擦や、羽毛立ちが原因でお肌への刺激が肌トラブルが起きてしまうかもしれない(´・ω・`)

上記でも書いたように、敏感肌の子や肌荒れを起こしている子にコットンはオススメできないよ!

コットンに乾いた部分ができる

化粧水がうまく染み込まず、コットンに乾いた部分ができてしまうと、その乾いた部分のお陰で化粧水が均等に行き渡らない可能性が出てしまうよ!

しっかりとコットンに馴染ませよう!

コットンを使うときのポイント

コットンで化粧水を付ける場合は、コットンがヒタヒタになるくらい化粧水をしっかりとつけよう!

そして、ペシペシ叩くのではなく優しく触れるくらいのタッチで。

長時間やるのは駄目!お肌を触った時にひんやりしていると、しっかり浸透している合図

実際、どちらがいいのか検証

両方のメリット・デメリットはできたけれど、実際どちらがいいの?ということで、約1ヶ月検証してみたよ!

井村のお肌の特徴

  • 混合肌
  • お肌が弱いため、荒れやすい
  • 頬や口周りが乾燥しやすい

↑を踏まえていざ検証!

手で馴染ませる方法

まずは手で馴染ませる方法から始めたんだけど、無意識に手をスライドさせてしまうのか、少しヒリヒリする日もあったよ!

井村は手の温度が高いので、お肌に浸透したのかひんやりの確認ができなくて残念(´・ω・`)

お肌の調子がいい!とかは特になし

生理が重なったせいか、肌荒れが目立ったので2週間くらいで切り替え

今までは手で化粧水をつけていたので、いつもと変わりないかなって感じ。

コットンを使う方法

化粧水をコットンでつける経験がほとんどなかったから、肌荒れしないか怖かったよぅ。

使用したのは「シルコット」のコットン!知ってる子は多いと思う!

このコットンは箱に書いてあるとおり「1/2の化粧水で潤う」!いつもより少ない量でコットンがヒタヒタになる!

羽毛立ちも特に気にならなかったので安心して使うことができたよ(^ω^)

このコットン、スライドすると井村のお肌には割りと痛かったので、いつもよりスライドすることに注意できたので上手くパッティングができたと思う!ニタァ

コットンが乾いたかな?と感じたらまた化粧水をつけてパッティング。

そのお陰なのか、ヒリヒリ感じることもなく肌荒れも起こさなかった

井村は手と違ってお肌に浸透したっていう合図が分かりやすかった。

結論

混合肌の井村は、断然コットンの方がいいなって思った。コットンのほうが丁寧に化粧水を付けれる気がするよ!

使ったコットンがよかったのかなあとも思う。シルコット様素敵。

井村はコットンのほうがスライドしないよう注意ができたし、手より刺激がなかったのかヒリヒリなんてしなかったので、今後もコットンを使っていく予定よ!

ちなみに、数日前から同じシルコットのこちらを使用。

このコットンはさっきの青い箱のものとは違い、保湿成分配合の優しい作りのコットン。

封入タイプ羽毛立ちをしない作りになってるよ!これでお肌への刺激も軽減!

箱に書いてあるとおり、すごく柔らかくてお肌に当たるととても気持ちいいのだッ。

化粧水の量は青い箱のコットンより多くなるけれど、こちらの方が肌への負担が断然少ないので、井村はこっちの方が好きだな!

まとめ

いかがだったでしょうか?

化粧水は手で付けるのか、コットンを使うのかというのは好みもあるだろうし肌質、お肌の調子にも左右されると思うので、自分のお肌に合う方を選んでね(^ω^)b

井村と同じ混合肌でも、コットンより手のほうが合う子もいると思うので、参考までにどうぞ。